.

 小説を読むときに、ドップリとそのストーリーにハマるのは小説の醍醐味だと私は思います。過払い金請求 法律事務所

時間を忘れてストーリーに没頭するということは、読書家にとってかげのない時間です。

 しかし、たまにはそうして小説のストーリーにドップリとハマるのではなく、もう少し客観的に小説を読んでみるのも小説を読む楽しみ方です。

それはどういうことかというと、たとえば文章の構成を作者がどういう風にしているのかな?ということを考えながら読んでみたりです。

 小説に書いてある文章というのは作者によって千差万別で、そこには作者ごとの個性というものが如実にあらわれています。

そうして、文章の構成を考えながら小説を見ると、小説のストーリー以外にも新たな気付きや発見をすることができ、それがとても楽しいです。

 また、私のように少しでも文章に書く仕事をしている人は、小説の文章がとても文章作成の参考になります。

ですので、これからもそうした小説の楽しみ方も、忘れずにしていきたいと私は思っています。