.

「スプレッド」とはFX取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって収益を狙う投資です。80-17-150

売買の注文の値段は、二十四時間動いています。80-19-150

それがマーケットです。80-12-150

インターネットでニュースをみているとドル円やユーロ円の為替相場の話題が流れる状況があります。80-8-150

よく見るのが「本のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。80-18-150

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表示しています。80-4-150

言い換えると、トレードには買いと売りの両方の値段が存在する事を示しています。80-10-150

売値、買値ではなくビット、アスクと表している取引業者もあったりします。80-9-150

買値よりも売値が低く設定されています。80-2-150

投資家が買値は高く、売値は安くなっています。80-5-150

この差をスプレッドといい会社の収益のひとつといわれています。

スプレッドの広さはFX業者によって異なります。

スプレッドの広さは費用になるので、狭いFX業者をピックアップするほうが有利です。

ただし、状況によってスプレッドの差は変わります。

もしも通常は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドであるとしても、相場の動きがかなり激しい場面では1銭よりも広くなったりする場合があります。

そういう訳で、スプレッドが低いのと同様に、変化しない事が肝心です。

近頃では固定でスプレッドを提示するFX業者もたくさん存在します。

実際にFX取引会社の取引画面内で為替レートを見なければ見分けられないのでやっかいですが重要な事です。

大事なお金を使ってトレードしますので本物の取引の前に、関心があるFX業者の口座開設をどんどんしてスプレッドの幅をチェックしましょう。

同じ外貨でも、その瞬間の相場の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの差は異なることがあります。

いつもはインターバンク相場で取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが小さくそれ以外の通貨ペアではスプレッド幅が拡大する傾向にあります。



80-6-150 80-11-150 80-16-150 吃音 小倉智昭