.

共働き夫婦でしたのでせっかくマイホームを建てたのに部屋はいつも汚く、とてもお客様などを家に上がってもらえないような家でした。もともとずぼらな性格なので、きれいにしても一時的で散らかっているのがふつうになっていました。しかし数年前に病気で倒れてから考え方を変えました。実家の母があまりの汚い家に私を怒り、猛烈に反省したのです。それに人間いつ死ぬかわからないと実感しました。今までは必要のないものまで安いからと買っていましたが、家を見渡せば不用品ばかりです。物が多いと掃除もできないので思い切って処分しました。それ以来、場所を決めて今日はこの押入れを掃除しようとか決めてローテーションで家じゅうを掃除しまくっています。おかげで不用品もなくなり掃除もしやすくなりました。もういつ来客があっても大丈夫な家になりました。あんまり物がないので生活感がないですがシンプルですごく気に入っています。家族もきれいにするようになりましたよ。